fc2ブログ

虹の橋のビーズへ・・・

ビーズが虹の橋へ旅立って一年が過ぎました。
ブログを始めて8日目のことでした。

ビーズは自分から、我が家にやって来ました。
どこから来たのか、車庫の一角を住処にして半年ほどを過ごしたのです。
ご近所のお兄ちゃん猫(飼い猫さん)が、なにくれと世話をする姿が微笑ましかったです。

テン・アビ・ビーズ
次女の布団で仲良く。(10年くらい前です)


その頃は、家には柴犬のチビ、MIX犬のチョビ、黒猫のチャコがいました。

小さなキジトラの仔猫は、とても愛らしかった。
けれどこれ以上は無理かなと、その時は思ったんです。
きっと今なら、直ちに抱き上げていたでしょうけど・・・

ビーズ

一人で生きていくには幼いビーズに、寝床とフードを提供。
どこにも行かずに住み続けたビーズは、避妊手術をきっかけに家猫になりました。
それまで世話をしてくれたお兄ちゃん猫は、しばらくの間ビーズの姿を探しているようで申し訳ない気持ちになったものです。

外暮らしが長かったせいか、シャイで神経質、少しのことでパニックになってしまうので扱いは重役クラスで・・・ (*^_^*)

ビーズ・テン・アビ

晩年は腎臓を悪くして投薬治療をしていました。
神経質だし狂暴?だし・・・で無理に薬を飲ませる事は出来ず、カリカリと一緒に入れた薬を食べてもらってました。
無味無臭の顆粒状の薬とバニラの香りがする錠剤で、食欲のある間は服用できていました。

ビーズ

亡くなる一か月前まで普通に過ごしていました。
徐々に食事量が減って、最後の一週間は少量のフードしか食べなくなって、次第に一人で過ごせる場所を探すようになったのです。
落ち着けるようにとドーム型のベッドを用意しました。

獣医さんには、必要最低限の受診と相談だけにしました。
15歳を過ぎた年齢と腎臓以外にも機能が衰えて来ていましたので、静かに見守りたいと家族で決めました。
安心して過ごせることに重点をおいたのです。

本当にそれで良かったのかな・・・と、今でも思うこともありますけど・・・

ビーズ・アビ・テン・ナッツ
ナッツと一緒の写真はこれが最後となりました。


亡くなる前、三日間は何も口にしませんでした。
それでも凛と顔を上げて静かにたたずんでいました。
夜には、長女とお父さんが交替で添い寝をしました。

ビーズ
亡くなる4日前。
いつもと変わらぬ佇まいですが、ずいぶん痩せていました。


最期の時、見送ったのは私でした。
ただただ静かに息をしていたビーズ。

そばを離れた私が戻った時に、息をしてないように見えました。
離れるべきではなかったと、深く後悔しながら抱き上げた時にビーズはかすかに呼吸しました。
そして温かな尿をしました。
「間に合ったよ。」って言ってもらえたような気がしました。


ビーズ

ねぇ、もう一年が経っちゃったね。
15歳5か月の一生で満足しちゃったのかな?
ううん、もっと一緒に居たかったよね。

まだビーズの使ったドーム型ベッドがありますよ。
私、片づけられない女ですから・・・

そちらは暮らしやすいですか?
みんなと仲良くしてますか?
こちらは相変わらず賑やかにやってるからね。

チャコは今年、18歳になりますよ。
まだまだ、そちらには行きそうもないから・・・ (*^_^*)
ビーズが悪いんだよ、慌てて行っちゃうから。

たくさん話したいことはあるけど、私が行くまで待っててくれる?


猫の十戒というものがあるのですね。
良かったら皆さんも見て下さいね。

        猫の十戒    クリックして下さい。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
2012-02-16 : 虹の橋 : コメント : 21 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

なっつばー

Author:なっつばー
犬、猫、人の大家族で暮らしています。
毎日の小さな出来事を綴って、大切な思い出を残したいと思います。

Lifematrix

わんちゃん、ねこちゃんのためのこだわりプレミアムトリーツのショップです
旨香楼

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR